ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人社団 武田隼会
たけだ皮膚科スキンケアクリニック

皮膚科・美容皮膚科

親身な保険皮膚科医療の提供と
安心な美容治療「美肌のTルーム」

院長と女性医師2人の3人体制で
「患者様のための真ごころの医療サービスを」
 グランドピアノのシンボルマークで親しまれている「たけだ皮膚科スキンケアクリニック」は、医師3人体制(女性医師2人)で診療にあたっている。建物は完全バリアフリーで、約50台収容の駐車場をはじめ、ゆとりある診察室(1階11室、2階7室)、広々としたキッズルーム(約13畳)、待合室にはグランドピアノや巨大な海水槽などを配するほか、車椅子専用スペースやパソコンスペースを設置。家族で安心して診察を受けられるファミリー用診察室も設けている。
 武田修院長は「私自身、子どもを持つ親の立場に立った診察を行うほか、女性特有のお肌の悩みには女性医師が同じ女性として、親身な対応を心掛けています。ゆったりとした空間の中、スタッフ一同で『患者さまのための真ごころの医療サービス』を提供していく所存です」と話す。
 初診・再診ともに受付はオンライン予約(プッシュ回線でも可能)、診察状況確認の最新システムを導入。インターネット・携帯からどこにいてもオンラインで受付ができるほか、自宅で診察の順番を取り、あとは携帯や自宅のパソコンで混雑状況の確認や自分の診察が近付くとお知らせの連絡が無料で来るサービスもある。
 また、コロナ禍で、安心して受診できるように受付で「診察呼び出しベル」の貸し出しや、通院せずに診察が受けられるアプリのLINEを利用した『オンライン診療』も採用している。
美容フロア「美肌のTルーム」での治療が、さらに充実
 美容皮膚科治療・スキンケアアドバイスの「美肌のTルーム」を2階フロアに完全独立させ、1階とは異なる専用待合室と各個別の治療空間を実現している。さらに、数ある最新の美容医療の中で、安心して受け続けられる「治療」と、自宅での「スキンケアアイテム」を武田院長自らが厳選し、取りそろえているのも特筆される。
 実際に治療を開始する前には必ず、現状を正確に把握するため、隠れたシミなどを詳細にチェックすることができる肌画像カウンセリングシステムも導入している。
 マスク使用中の最近、特に治療の問い合わせが多い顔のシミ治療では、治療後のばんそうこうに問題がなければ、「ルビーレーザー」を使用し、ばんそうこうができない場合には「ピコレーザー」を使用。さらに、肝斑やくすみには飲み薬を併用し、「ピコレーザーを使用したトーニング治療」や「美白剤を用いたケミカルピーリング」を実施。小ジワ、ハリ、たるみには、即効性のみでなく、持続性のある効果を兼ね備えた超音波を皮膚深部で集中させる「ハイフ治療」を2020年春から開始し、好評を得ている。また、開大した目立つ毛穴には、表面から「ハイドラブースター」を用いた治療直後にピコレーザーを照射する方法、深いニキビ痕には、クリーム状の麻酔を使用後に、表面に無数の針で穴を開け、効果的な薬液を浸透させる「マイクロニードル治療」を導入。治療後のケアに多少手間がかかるが、効果を最大限に発揮できる治療だ。
「さまざまな肌トラブルに適した最善の美容治療法の中から、私自らによる肌状態の診察後に、個々人の希望に沿って内容を提案し、スタッフによる詳しい説明の後、『患者さまの十分な理解と納得の後に治療を開始する』のがクリニックのポリシーです」(武田院長)
身体の内から健やかな美肌へと導く注射・点滴、血液オゾン療法
 身体のさまざまな悩みを解決できるよう、プラセンタ注射・ニンニク注射・高濃度ビタミンC点滴療法、血液オゾン療法も実施。
「私たち皮膚科医の役目は、どのようなお肌のトラブルに対しても、ただ診断名をお伝えして薬を処方するのではなく、病気の原因や背景、治療方針、生活指導に至るまで分かりやすく患者さまにご説明し、ご納得いただいたうえで治療を行うことだと考えています。
 また昨今は、多種多様な美容情報が氾濫しています。自分の肌に対する正しい知識を持たないまま『美容的なスキントラブル』に巻き込まれることも少なくありません。私たちはお肌の専門家として、皮膚科医学に基づいてお勧めできる治療を厳選し、提供することを心掛けています。皮膚に関するトラブル・美肌相談にご納得いただける良質な医療を提供する“マイ皮膚科”となれるようスタッフ一同努めています」と、武田院長は話す。
院長/武田 修
北海道大学医学部卒業。2003年クリニックを開設。日本皮膚科学会、日本臨床皮膚外科学会、日本皮膚アレルギー学会、日本小児皮膚科学会、日本美容皮膚科学会など各会員
医師/田村 あゆみ
北海道大学医学部卒業。北海道がんセンター、市立札幌病院などを経て2012年より勤務。日本皮膚科学会専門医。日本美容皮膚科学会、日本レーザー医学会認定医など各会員
医師/村田 順子
旭川医科大学卒業。北大大学院医学研究科病態制御学専攻博士課程修了。北海道がんセンター、北海道大学病院などに勤務。日本皮膚科学会会員など

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ