ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

大町歯科加藤医院

歯科

短期間で患者負担の少ない治療を実践
低侵襲でより満足度の高い診療を提供

 豊富な知識と経験、高い技術を持ち、的確な診断と親身な治療で、患者満足度の高い診療に努めている加藤清志院長。できる限り少ない通院回数での治療を心掛け、「通院される方の経済的側面と通院の労力を軽減でき、その上で全顎的な治療を受けることができれば患者さんのメリットは大きいでしょう」と話す。さらに、エビデンス(科学的根拠)に則った治療を大切にしながら、これまでの経験を加味し、患者によりプラスになる治療を心掛けている。審美治療や歯科東洋医学などにも精通し、メールや電話相談も多い。
「他の医院では抜いた方が良いと言われたり、根の中の治療(根管治療)だけに8カ月も通っているなど、相談や来院される方が多くおられます。確かに抜歯しなければならないような場合もありますが、根の中の掃除をきちん行えば、抜かずに治癒に導ける場合も数多く経験しています」と加藤院長。根の中の根管は複雑で治療が難しいことも多いというが、同院では可能な限り1回から、大臼歯(奥歯)でも3回以内の通院で治療を終えるよう努めている。
 また、歯を抜かざるを得ない場合の義歯治療やインプラント治療にも豊富な実績を持つ。特に、義歯の安定に悩んでいる人には、強固な安定と耐久性で満足度の高いロケーターアタッチメント(保険外)を提案。「片側だけに天然の歯があり左右の噛み合わせが経年的に崩れてきて義歯が安定しない方や、歯茎が痩せて上下の顎の関係も変わり、義歯が踊っているような方には絶大な安定感をもたらしてくれます。患者さんにこの装置を使うたびに従来のアタッチメントとの性能の差を強く感じています」と加藤院長。天然歯にもインプラントにも装着可能であることも大きな特徴だ。
院長/加藤 清志
北海道医療大学歯学部卒業。日本口腔インプラント学会専門医。日本歯科東洋医学会認定医・理事。日本全身咬合学会、日本顎咬合学会、日本メタルフリー歯科学会各認定医など

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ