HOME Dr.

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

大町歯科加藤医院

歯科

インプラントをはじめ低侵襲な治療と
患者個々に合わせた口腔ケアに信頼

 開院から90年を迎えた市内でも老舗の歯科医院。3代目である加藤清志院長は、患者の意向をよく聞き、口腔内の現状を分析した上で治療方針を立て、患者ニーズに沿える診療に努めている。日々研修会にも参加し研さんを重ね、最新機器を駆使した的確な診断と低侵襲な治療に患者からの評価も高く、市外からも数多く訪れている。
 特に、会員数約1万5000人のうち、約1100人という日本口腔インプラント学会専門医の一人として、数多くの人工歯根の埋入実績を誇る。インプラント治療では、歯科用CT(2017年に広範囲撮影が可能な新機種に更新)を駆使し、埋入シミュレーションは「ランドマーカーダイレクトシステム」や3Dプリンターで原寸大の顎骨の模型を作製するなど、万全を期したオペに取り組む。可能な限り歯茎を開かない低侵襲な術式で患者の負担軽減を図るほか、上顎で骨の高さが足りないときに行うソケットリフト法を併用した治療も実施。患者が歯の無い状態に置かれるのを極力少なくするよう「即時義歯(保険適応)」の方法も採用し、抜いたその日に「食事ができる」と喜ばれている。
 さらに、審美面や健康面にも配慮し、ノンメタル素材を多用。希望に応じて歯のエナメル質を傷めないタイプのホワイトニングも実施。また、歯を失う大きな原因となる歯周病予防をはじめ、患者一人一人に合わせた定期的な口腔ケアにも積極的に取り組む。このほか、通常の治療では良い結果が得られない場合には、必要に応じて漢方薬を処方するなど、「他の医院とは少し違った大町歯科の持ち味で歯科医療を提供していきたい」と加藤院長。充実のホームページやブログによる診療情報の発信に加え、メールや院長直通相談電話での細やかな対応も好評だ。
院長/加藤 清志
北海道医療大学歯学部卒業。日本口腔インプラント学会専門医。日本歯科東洋医学会認定医・理事。日本全身咬合学会、日本顎咬合学会各認定医。北海道警察歯科協力医会会員など

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ