ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人社団 弘誓会
菊地内科・呼吸器科

内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科

  • 札幌市手稲区稲穂2条7丁目 稲穂メディカル・コア1階
  • 011-694-1881

内科疾患全般から呼吸器系の専門診療
さらにちょっとした体調不良にも対応

 地域医療の貢献に努め、開院27年目を迎えた菊地内科・呼吸器科。その医療方針について、菊地弘毅院長は「常に『身内が病気になった時の気持ち』で、患者さんにとっての最善を考え、診療にあたるようにしています。病気と同時に、その背景にあるものを探り、患者さん自身を診ることを心掛けています」と、穏やかな笑顔で話す。患者一人一人の心身の状態から家庭環境や生活背景なども考慮しながら診療に臨む、菊地院長の真摯な姿勢が信頼を集めている。
 診療は内科全般にわたり、これまでの豊富な経験から肺がん、すい臓がん、胃がんなどの早期発見にも努める。特に肺がんをはじめとする呼吸器疾患は菊地院長の専門分野で、近年注目されるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、いわゆる「タバコ肺」の診療に力を入れ、禁煙指導にも積極的だ。「COPDの症状は、主に咳や痰、息切れですが、放置しておくと次第に重症化し、最終的には酸素吸入なしでは外出どころか家の中でも動けなくなります。気管支ぜんそくや肺気腫のような長期治療を要する慢性呼吸器疾患の多くも、喫煙が原因ですのでご注意ください」と話す。
 同院では「特に病気ではないが、体調が思わしくない」「健康にちょっと不安がある」といった人に対する院内検査も充実している。
 健康保険が適用となる写真①「呼気NO(一酸化窒素)濃度測定器」は、咳の鑑別診断、ぜんそくなどの存在や程度が判断でき、②「血圧脈波検査(血管年齢)」は、血管の硬さから血管年齢や動脈硬化の有無を判定。③「超音波検査装置(カラードップラー)」は、構造や微細な血流などを精密に診断し心臓、腹部、頸動脈など範囲が広い検査が可能となり、各検査ともに疾病予防には効果的である。
院長/菊地 弘毅
1971年札幌医科大学卒業。同大第3内科入局、札幌鉄道病院主任医長、札幌宮の沢病院院長を経て、94年開業。日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ