HOME Dr.

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

藤澤心臓血管クリニック

血管外科・循環器内科・心臓血管外科

循環器疾患・心臓血管外科の専門医
下肢静脈瘤の日帰り手術に定評

 高血圧症などの生活習慣病や、狭心症や心筋梗塞といった心臓病など、循環器疾患全般の診療にあたり早期発見・治療に努める藤澤心臓血管クリニック。藤澤康聡院長は脈管専門医として、閉塞性動脈硬化症など動脈の病気、下肢静脈瘤など静脈の病気の診断・治療で実績を上げている。
 とりわけ下肢静脈瘤の日帰り手術は好評で、患者は小樽・後志地区のみならず全道各地から訪れる。さらにその評判を聞いて道外・海外から訪れる患者も増え、2010年11月の開院から16年12月末までに、下肢静脈瘤の手術数は3000肢以上を数える。
 下肢静脈瘤とは、静脈の中にある血液の逆流を防ぐ弁が壊れ、血管に血液が溜まる病気だ。「足の血管がボコボコと膨らむのが特徴で女性に多く見られます。適切な治療で、だるい・足がつるなどの症状を改善でき、きれいな脚を取り戻せます」と藤澤院長。
 治療はレーザー治療や高周波(ラジオ波)治療で静脈を内側から焼き閉塞させる方法と、脚の表面にある表在静脈を抜き取る静脈抜去術があり、藤澤院長は、この静脈抜去術での日帰り手術を行う全国でも数少ないスペシャリストの一人だ。「これまでは数日の入院が必要でしたが、手術法の進歩により、日帰りで手術が可能になりました」と藤澤院長。従来の手術法に比べて、傷痕が目立たず術後の痛みも少ないなど、安全かつ高品質な治療を提供している。
 また、治療を支えているのが、超音波検査(エコー)とAPG検査。静脈瘤の場所と、溜まっている血液の量などが数値化で示され、適切な治療が可能になる。より精密な検査や入院が必要な場合には、市内の中核病院との連携体制も整っており、安心・安全な医療体制が整い地域住民の信頼も厚い。
■院長/藤澤 康聡
京極町出身。札幌医大卒業。同大第2外科入局。小樽市立医療センター勤務を経て、2010年開院。外科専門医。脈管専門医。血管内治療認定医ほか。医学博士

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ