HOME Dr.

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人社団
新井病院

内科・消化器内科・胃腸内科・内視鏡内科

40年の歴史を持つ十勝のかかりつけ医
女性専門医による内視鏡検査が好評

 1980年の開院当初より、道内でもいち早く内視鏡検査を取り入れ、胃がんや大腸がんなど多くの病気の早期発見・治療の実現に貢献してきた、帯広・十勝の内視鏡検査専門病院。
「病気の兆候をいち早く見つけて、適切な治療を施すことは医師の使命です。内視鏡検査は患部を直接目で見ることで、病気を見つけることができる確実な検査です。かつて、がんは不治の病で治療が難しく、早く見つけられても根治が難しい病気でしたが、現在は早期発見・治療ができれば大きな治療の効果が期待できる時代になりました。少しでも気になる症状や、体の異変を感じたら早めに内視鏡検査の受診をお勧めします」と、院長は話す。
 同病院では、日本消化器病学会専門医の新井院長と、日本消化器病学会と日本消化器内視鏡学会の専門医である長堀陽子副院長の2人体制で診療。上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)は毎日実施。食事をしていなければ、予約なしでも受診当日の検査が可能だ。ただし、大腸内視鏡は下剤を飲んで腸を洗浄する前処置を行わなければならないため事前診察が必要だ。また、内視鏡下で適応可能なポリープが見つかった場合には、その場での日帰り手術にも対応する。
 さらに同病院の最大の特徴は、副院長である女性専門医による内視鏡検査の実施と、大腸内視鏡検査の前処置準備室が共用室に加え、トイレ付個室を4室備え、女性患者も安心して診察・検査が受けられる診療環境への配慮が挙げられる。大腸内視鏡検査数は月間80件に上る。
「内視鏡検査による病気の早期発見と早期治療、定期的な診察による健康管理と病気予防など、皆様の健康寿命を長くするお手伝いができれば幸いです」(副院長)。
院長/新井 三郎
北海道大学医学部卒業。同大付属病院、帯広協会病院、旧国立がんセンターなどで内視鏡研究・診療に従事。1980年新井病院開業。日本内科学会認定医ほか
副院長/長堀 陽子
東京都済生会中央病院勤務、JA厚生連佐久総合病院、恵佑会札幌病院勤務を経て、2010年より現職。日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医ほか

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ