ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

独立行政法人 国立病院機構
北海道医療センター

内科・糖尿病/脂質代謝内科・腎臓内科・心療内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・脳神経内科・小児科・小児神経内科・精神科・皮膚科・形成外科・眼科・耳鼻いんこう科・アレルギー科・リウマチ科・血液内科・放射線科・外科・心臓血管外科・小児外科・呼吸器外科・整形外科・脳神経外科・泌尿器科・婦人科・リハビリテーション科・麻酔科・救急科・病理診断科・歯科

消化器内科専門医が幅広い
消化器領域全般を高いレベルでカバー

 北海道医療センターは、新棟・西館の完成にともない643床に増床、32診療科を備えた総合病院だ。災害医療や急性期医療の拠点として3次救命救急センターを設置し、24時間の救命医療を受け持つ一方、神経難病、結核、精神科身体合併症、小児慢性疾患などの政策医療も担っている。また、地域医療支援病院の指定を受けており、地域と一体となった医療システムを構築し、日頃の連携はもちろん“まんいち”の際にはいつでも受け入れが可能な体制をとっている。
 消化器内科は、医師8人体制で幅広い消化器領域全般を高いレベルでカバーできるように、それぞれの医師が専門性を持ちながら診療を担当している。特に消化管出血、急性胆のう炎、急性胆管炎などの消化器救急対応は消化器内科の柱となっている。
 また、北海道医療センターのモットーである「断らない医療」を実践するため、日中夜間を問わず迅速に対応するとともに、高い専門性が要求される領域については、専門医による専門外来として「便秘外来」「化学療法外来」「肝臓外来」「炎症性腸疾患(IBD)外来」を開設し、患者のより高いニーズに対応している。
 内視鏡診断および治療においては、超拡大内視鏡などの最新の内視鏡機器を用いることで、消化管がんの早期発見に力を入れている。また、内視鏡治療についても早期の食道がんや胃がん、大腸がんに対する粘膜下層剥離術や急性胆管炎などに対する内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)関連処置などを積極的に施行している。
「道と札幌市からコロナ重点医療機関にも指定されておりますが、今後ともスムーズでギャップのない地域連携を目指し、地域医療に貢献してまいります」(長尾院長)
院長/長尾 雅悦
札幌医科大学卒業。日本小児科学会小児科専門医・指導医。臨床遺伝専門医。日本小児栄養消化器肝臓学会認定医。日本病院総合診療医学会認定医・特任指導医。医学博士
内科系診療部長・検診センター長・消化器センター長/清水 勇一
北海道大学医学部卒業。日本内科学会指導医。日本消化器病学会指導医・財団評議員・英文学術誌編集委員。日本消化器内視鏡学会指導医・社団評議員

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ