ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人社団 法真会
ひしかわ内科クリニック

内科・小児科・リハビリテーション科

的確な診断と適切な治療に定評
スピーディーな病診連携を実施

 西野8条8丁目バス停前の「ひしかわ内科クリニック」。菱川法之院長は「最大の医療サービスは、的確な診断を行い、適切な治療を行うこと」と考え、患者の立場に立った診療を貫いている。「患者さんとの対話を特に重視しています。話をよく聞くことが的確な診断に結びつきます」と言うように、院内は家庭的で話がしやすい雰囲気になっている。特に菱川院長は心療内科の経験もあり、メニエール病やぜんそく、リウマチ、腰痛などの疾患で「治らないとあきらめていた病気が良くなった」と評判で、遠方から通院する患者も多い。また、大学時代には血液検査でがんの早期発見をする「腫瘍マーカーの遺伝子配列」を専門に研究し、それだけに血液検査や生化学検査を重視する。「特に“正常値内の異常”を読んでいくことも大切です。風邪で検査をした結果、がんが発見されたことが何度かあります。常に注意深く診察し小さな異常にも気付くように心掛けています」と話す。
 院内には生化学検査はもちろん、X‐ray・脈波計測、超音波診断装置などの診断機器をそろえ、2016年には新たに最新の経鼻内視鏡を導入するなど、迅速な診断体制を重視。より専門的な治療が必要な入院等の場合には、北大、札医大、北海道医療センター、手稲渓仁会病院など、各臓器、疾患別に紹介先病院を確保、スピーディーな病診連携を実施している。
 さらに、リハビリ領域では腰痛や頸椎症、脊柱管狭窄症などにおけるマイクロタイザーやソフトレーザー治療。神経学、心療内科学に基づいて本来の機能に戻すメンタルケア、総合ケアにも対応。ストレスに起因したさまざまな疾病に対する漢方療法や男性・女性の高齢化にともなう疾患にも対応した治療が評判を呼んでいる。
院長/菱川 法之
1971年北海道大学理学部卒業。75年東京大谷専修学院卒業。82年札幌医科大学医学部卒業。同大医学部第1内科入局。道内医療機関を経て、92年開業。医学博士

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ