ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人社団 松陽会
だい整形外科クリニック

整形外科・リハビリテーション科

「その痛みや症状を諦めていませんか?」
積極的な保存療法で早期回復を目指す

 コープさっぽろ二十四軒店敷地内のメディカルビル1階に2018年12月3日に開院。道内各地の総合病院で整形外科疾患全般にわたって診断から治療・手術まで豊富な実績を持つ松本大院長は「整形外科の病気にはさまざまなものがあり、症状は痛みやしびれ、肩が回らないなど、一人一人で異なります。そして、ほとんどの方は手術までは必要としないと言われ、多くの場合で保存治療が行われています。保存治療と聞くと、消極的なイメージを持たれることが多いと思います。しかし、当院では手術以外の方法として、痛みの原因となっている炎症などを抑えることはもちろん、リハビリテーションを含めた積極的な保存治療を行うことで、症状の改善と再発予防を目指していきます」と話す。
 同院の保存治療は、投薬や注射などによる痛みのコントロールと、痛みの原因となっている関節の不具合や筋力の低下を修正するための運動療法をメインとしたリハビリテーションの2本柱で行われる。特にリハビリは理学療法士によるマンツーマンで、患者一人一人の病気や症状、年齢や生活状況に合わせて行っているのが特徴。「加齢だからと治療を諦めている方、手術は必要ないと言われたものの症状にお困りの方、何とか手術は避けたいと思っている方など、気になる症状でお悩みの方はどんな小さなことでも遠慮せずにご相談ください。まずはできることから始めてみてはいかがでしょうか」と松本院長。
 手術が適切な選択肢と考えられる場合には、斗南病院(中央区)や北海道医療センター(西区)、北新病院(白石区)など、症状に応じて最適かつ信頼できる専門医を紹介。術後の通院リハビリが必要な場合には、同院が積極的にフォローしてくれるのも心強い。
院長/松本 大
2003年札幌医科大学卒業。北海道大学病院など道内主要病院勤務を経て、18年12月3日開院。日本整形外科学会専門医

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ