HOME Dr.

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人 為久会
札幌共立五輪橋病院(旧・五輪橋内科病院)

内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科・神経内科・血液腫瘍内科・腎臓内科・緩和ケア内科・消化器外科・リハビリテーション科・人工透析

南区の中核的な急性期病院として
質の高い医療サービスを提供

 札幌共立五輪橋病院は、2014年4月に南区の医療機関として初めて北海道がん診療連携指定病院の指定を受けた。これまで当院は消化器内科・消化器外科を中心に消化器病センターの機能を向上させ、消化管の内視鏡検査、ポリープの粘膜切除術や消化管止血術をはじめ、血管造影装置と高性能CTを組み合わせたIVR/CT装置による肝臓がん、胆管がん、膵臓がんのインターベンション治療、低侵襲の腹腔鏡下での外科手術等、高度な専門治療も実施している。
 2011年に緩和ケア病棟18床、無菌室も配置し、血液・腫瘍内科では、がんに対する診療体制を整えて、消化器病センターと共に、がんの診断・治療にも重点を置き機能を充実させてきた。また、従来からの一般内科、循環器内科、腎臓内科(透析)、神経内科、リハビリテーション科も南区の中核的な病院として充実に努めてきた。循環器内科は迅速な検査をモットーに、64列CTを利用した冠動脈狭窄のスクリーニング検査、心エコーやRIを利用した心機能検査は緊急時に合わせて即日行うことも可能だ。腎臓内科は腎疾患全般にわたる専門的な診断・治療を行い、透析室(27床)は最新の透析システムを導入し、安全で質の高い透析医療を提供。神経内科では神経疾患はもちろん認知症に対する「物忘れ外来」(予約制)も設置。リハビリテーション科では、呼吸器リハビリ、長期療養による体力低下や廃用性症状にも対応した訓練も行っている。
 さらに地域住民への啓蒙活動として、定期的に当院内で行う腎臓・糖尿病教室や地域住民健康教室を南区福祉会館・南老人福祉センターで行うなど、地域住民の方への啓蒙活動も積極的に取り組んでいる。
■理事長・院長/本間 久登
札幌医科大学卒業。札幌医大第4内科入局。日本肝臓学会、日本消化器病学会各指導医。日本消化器内視鏡学会指導医。日本臨床腫瘍学会暫定指導医。医学博士

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ