HOME Dr.

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人社団
川島医院

内科・小児科

3代にわたり地域医療に貢献して60年
患者本位で人間味あふれる医療を実践

 1955年に初代院長である川島正雄氏が開設、91年に菊池徹氏が2代目を継承し、60年にわたり地域住民から厚い信頼を集めてきた川島医院。2014年1月1日から3代目として新院長に就任した菊池仁氏は、「開設当初から地域医療を志してきた祖父や父の思いを受け継ぎ、これまでと変わらず地域の皆さんが気軽に痛みや悩みを相談できる、頼れる病院であり続けたいと思っています」と話す。
 院内には、随所にスロープや手すりが備え付けられ、待合室の大きな窓からは明るい日差しが差し込むなど、高齢や体の不自由な患者に配慮し、より快適で安心して通える診療環境が整う。「病気というものはどうしても気持ちが暗くなりがちになります。最近では、いくつもの慢性疾患を抱える高齢の患者さんが増えています。そうした患者さんの精神的な不安を少しでも解消してあげることが地域の家庭医の務めだと考えています。健康上の心配事、身近な身体的な変化など、何でも気軽にご相談ください」(菊池仁院長)。
院長/菊池 仁
2000年札幌医科大学卒業。同年札幌医大第1外科入局。道立子ども総合医療・療育センター、札幌厚生病院消化器内科勤務。14年1月1日より川島医院院長就任

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ