ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

国家公務員共済組合連合会
斗南病院

消化器内科・腫瘍内科・呼吸器内科・リウマチ科・糖尿病/内分泌内科・循環器内科・血液内科・内科・精神科・消化器外科・呼吸器外科・内視鏡外科・心臓血管外科・乳腺外科・整形外科・形成外科・皮膚科・泌尿器科・婦人科・婦人科(生殖医療)・眼科・耳鼻咽喉科・頭頸部外科・放射線治療科・放射線診断科・麻酔科・病理診断科・リハビリテーション科

チーム医療で高度先端医療を提供
“良質でやさしい医療”を目指す

 斗南病院は2016年10月に新築移転以来、都市型急性期病院として専門的で質の高い医療を提供。18年には40床増床し、地域の中核病院としての役割を果たしている。斗南病院消化器病センターは、食道がん、胃がん、大腸がんに対するESD(内視鏡的粘膜下下層剥離術)を道内でもいち早く取り入れた内科的治療や、腹腔鏡・胸腔鏡技術を用いた低侵襲手術などで定評があり、多くの実績を持つ。08年には国内第1例目となる「臍部(さいぶ)単一孔式腹腔鏡下胆のう摘出術」を実施。おへそを切開し、そこに内視鏡や鉗子を挿入してモニターを見ながら行う手術で、従来の腹腔鏡下手術と比べても創は全くないに等しいといわれ、現在は外科だけでなく、婦人・生殖内分泌科でもこの単孔式手術を導入。全国各地から研修生も受け入れており、全国有数の病院で活躍する次世代のリーダーを養成、輩出していることでも知られている。また、がん診療連携指定病院として低侵襲な内視鏡治療や外科手術、道内で初めて開設した外来化学療法センターでの化学療法に加え、新病院移転にともない放射線治療装置を導入し常勤医よる放射線治療が可能になり、がん診療の3本柱が揃いこれまで以上に最新かつ良質で低侵襲ながん治療が提供できるようになった。
 さらに手術支援ロボットの最新機「ダ・ヴィンチXi」を導入。泌尿器科領域をはじめとして、食道、胃に続き膵(すい)体尾部切除も保険診療を開始し、直腸についても開始予定だ。今後は肺がんや婦人科領域でも導入を予定している。
 20年4月には精神科・緩和ケア科を新設し、緩和ケアチームとして早期からがん治療に関わることでより良い治療効果が期待でき、さらに質の高いがん治療が可能になった。
病院長/奥芝 俊一
東京医科大学卒業。同大大学院修了。北海道大学第2外科入局。日本外科学会指導医・専門医ほか。前北海道内視鏡外科研究会代表世話人。医学博士

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ