ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

札幌駅前 樽見おしりとおなかのクリニック

肛門外科・内視鏡外科

痔と大腸の消化器専門クリニック
低侵襲な日帰り手術や注射療法に実績

 JR札幌駅前、地下鉄さっぽろ駅直結のビルに位置し、抜群のアクセスを誇る。道内初の痔(イボ痔・切れ痔・痔ろう)と大腸の診療、日帰り手術を専門に行う肛門外科専門の無床クリニック。
 樽見研院長は「とてもデリケートな部分のため、出血や痛みなどで悩んでいても、恥ずかしくてなかなか相談できず、自己治療で長年耐えてきたという方、手術をしなければならないといった怖いイメージを持たれている方もいらっしゃいますが、ほとんどの痔の病気は食生活などの生活改善や、薬で治ることも多いため、まずは一度ご相談ください」と話す。
 また、手術が必要な場合、同院では痔の日帰り手術を行っており、5年間で5000例を超えている。このほか、手術するほどではないが薬では治らないようなイボ痔に対しては切らずに治す注射療法(ALTA注射)を実施。ともに手術の侵襲や術後の痛みも少なく、術後2~3時間ほど休めば帰ることができる。
 さらに、胃・大腸内視鏡検査にも積極的に取り組み、日帰りでの同時検査にも対応。必要に応じて日帰りで大腸ポリープの切除や、胃ピロリ菌の検査や治療も行うなど、消化器疾患の早期発見・治療に努める。入院が必要な場合や、がんが見つかった場合には、患者が希望する地域の専門病院や高次医療機関に紹介するなど連携体制も整い、すでに大腸がんの早期発見につながった症例も少なくない。
 土曜も夜まで、日曜も診療しているほか、交通の利便性もよく、札幌市外から通院する患者も多く、気軽に受診できる雰囲気も女性患者から通いやすいと好評だ。
「これまでの経験を生かし、専門性の高い医療を実践し、痔で悩む患者様のニーズに合った診療を提供していきたい」(樽見院長)
院長/樽見 研
1991年札幌医科大学卒業。道内主要病院勤務、2004年札幌いしやまクリニック院長就任を経て、16年開院。日本大腸肛門病学会指導医・専門医。医学博士

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ