ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人社団 甲仁会
さっぽろ甲状腺診療所

内科・外科・放射線科

甲状腺疾患に特化した専門クリニック
受診当日に診断から治療開始を実現

 さっぽろ甲状腺診療所は、甲状腺疾患専門病院として80年の歴史と、年間36万人の診療実績を持つ伊藤病院(東京都渋谷区)の連携施設として開院した甲状腺疾患専門クリニックである。
「甲状腺ホルモンに異常を来す病気は、血液検査で簡単に診断が付くことが多いものの、治療には細心の注意が必要です。例えば、甲状腺ホルモンが過剰になるバセドウ病は、薬物治療が第一選択ですが、その薬は飲み始めに副作用が多く、時に肝機能障害や無顆粒球症といった重大な副作用が起こることもあるほか、治療中に予期せぬホルモンの変動が起こり、対応が難しいケースも少なくありません。さらに、いったん良くなって薬が必要なくなった方でも再発することもあります。また、副作用によって薬が続けられない方、再発を繰り返す方には放射性ヨウ素内用療法(アイソトープ治療)が適している場合もあります。
 この他にも、甲状腺がんのように結節(しこり)などができた場合には、良性か悪性かを判断するため、エコー(超音波画像診断装置)の画像を的確に読み取り、細胞を取って調べる細胞診が必要です。それが手術で取ったほうが良いかどうかを判断するのも難しい場合が多く見受けられます。まれに通常の検査では分かりにくい特殊な甲状腺の異常を来す方もいらっしゃいます」と岩久建志院長は話す。
 同診療所は、甲状腺疾患の専門医と最新の医療機器を備え、道内ではクリニックとして唯一、アイソトープ検査・治療施設を完備するなど、手術以外の外来で行う全ての診療が可能で、ほとんどの症例で受診当日に診断から治療開始までを行っている。
「甲状腺の病気でお困りなことがあれば、気軽にご相談ください」(岩久院長)
院長/岩久(いわく) 建志
2001年昭和大学医学部卒業。同大大学院医学研究科第1病理学終了。昭和大学藤が丘病院勤務ほか、伊藤病院内科医長を経て、17年11月より現職。日本内分泌学会専門医・指導医・評議員ほか

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ