ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人
静脈瘤クリニック・村木外科

下肢静脈瘤治療専門

下肢静脈瘤専門クリニック
日帰りレーザー・ラジオ波治療を実施

 北海道初の下肢静脈瘤専門クリニックとして開院から15年、手術症例数8000件超を誇る「静脈瘤クリニック・村木外科」。
 下肢静脈瘤は、静脈の中で血液の逆流防止の働きをしている静脈弁が壊れ、血液が逆流・停滞することで発症する。遺伝、長時間の立ち仕事や出産などがきっかけとなることが多い。特に女性に多く、年齢とともに頻度は増加する。主な症状は、足の静脈が浮き出ている、だるい、むくむ、かゆい、痛い、つるなどで、悪化すると湿疹や皮膚の変色・潰瘍・壊死、血栓性静脈炎などを発症することもある。
 治療は、症状に応じて各種レーザー治療や高周波(ラジオ波)カテーテル治療などの体への負担が少ない血管内治療が中心。高度な拡張・蛇行した静脈瘤などではスリッピング手術や瘤切除術などの外科的治療も行う場合もあるが、全ての治療を傷も目立たない日帰りで実施。注射や医療用ストッキングによる保存療法にも対応。「気になる症状やお悩み事など、気軽にご相談ください」(村木専一院長)。
院長/村木 専一
旭川医科大学卒業、同大第1外科入局、道内外病院で勤務後開業。日本外科学会専門医。日本レーザー医学会認定医一種。日本静脈学会ほか会員

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ