ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

山鼻うの眼科

眼科

患者に寄り添い、共に病気を治していく
白内障には豊富な経験で丁寧な手術が好評

 山鼻地区住宅街に2020年10月に開院。宇野仁揮院長は札幌医科大学附属病院ほか道内主要総合病院で小児から高齢者までの眼科疾患全般に幅広く研さんを積み、「これまでの経験を生かし、患者さんに寄り添った医療の提供を心掛け、地域医療に貢献していきたい」と話す。特に網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症・加齢黄斑変性など)の治療や白内障手術に豊富な経験を持ち、現在は白内障の日帰り手術に力を入れているほか、緑内障の最新治療である選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)にも積極的に取り組んでいる。
 診療は「患者さんと一緒に病気を治していく」という姿勢を重視。網膜疾患の診断に有効な、造影剤を使用しない光干渉断層血管撮影(OCTアンギオグラフィー)など、最新の検査・治療機器を完備し、検査画像を見ながらの分かりやすい説明も好評。電子カルテシステムの導入により、待ち時間の短縮にも配慮。前職をはじめとする病診連携体制も万全で、精密検査や入院治療が必要な場合も安心だ。
院長/宇野 仁揮
2006年杏林大学医学部卒業。札医大附属病院ほか道内主要病院、NTT東札幌病院眼科医長を経て、20年10月開院。日本眼科学会専門医。PDT(光線力学療法)認定医ほか

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ