ぶらんとマガジン社
ホームドクター

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

医療法人社団
桑園むねやす眼科

眼科

網膜硝子体疾患、白内障、眼瞼と涙の治療
丁寧で信頼される医療を目指す

 竹田宗泰院長は眼底疾患を、田村唯副院長は外眼部・緑内障を主に診療している。糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの眼底疾患には、病状に応じて眼球注射、レーザー治療および硝子体手術などの幅広い治療を実施する。直接失明につながることも多い眼底疾患は、両眼に発病することも少なくないため「謙虚な姿勢で、何よりも患者さんの悩みをくみ取り、納得していただけるよう心掛けています」と竹田院長。病気の早期発見のため、「白内障では全体がぼやけたり、まぶしくなったりするのに対し、眼底・黄斑部疾患では視野が欠ける、ものがゆがむ、真ん中が見えないなどの症状を訴えますので、早期発見のため、眼科を受診してほしい」と呼びかけている。
 田村副院長は、泣いてもいないのに涙がこぼれてくる場合は、「涙の通り道が詰まっている可能性があります。昔は年をとると涙が出るのは仕方ないと思われていましたが、今は外来で5~10分程度の治療で良くなることが多い」と話す。治療は細い内視鏡で涙の通り道の詰まっている所を拡張し、再び詰まらないように一時的にチューブを入れる。麻酔の工夫で治療中の痛みは少なく、治療後も生活の制限がない。涙の通り道が詰まると小川の流れが沼のようになり、目の表面に菌がたまっていく。長年放置すると80~90歳代の周囲の手助けが必要な時期になってから、細菌感染による大量の目ヤニ、見にくくなる、目の痛みなどで入院や頻回の通院が必要になる。「この治療に年齢制限はなく90歳を超えても治療可能です。涙がたまる、こぼれる方はぜひご相談ください」と田村副院長。「検診や眼科一般診療も大切にしています。眼の具合が悪い方は当院の扉をたたいてみてください」。
院長/竹田 宗泰
札幌医科大学卒業。札幌医大眼科助教授、市立札幌病院眼科部長、日本眼科学会評議員、日本糖尿病眼科学会理事、日本眼循環学会理事を経て開院。医学博士
副院長/田村 唯
2003年岩手医科大学卒業。日本眼科学会専門医。光線力学的療法認定医。日本眼瞼義眼床手術学会、日本網膜硝子体学会、日本涙道・涙液学会、日本緑内障学会各会員

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ