HOME Dr.

北海道、札幌市、旭川市、滝川市、苫小牧市、岩見沢市、函館市の病院情報
あなたの街のお医者さん検索、病院検索ガイド

新札幌木村歯科診療室

歯科

何でも食べられる総義歯治療が評判
根管治療やインプラントにも実績

「痛くない、優しく、丁寧」を信条とする木村貞久院長。歯周病治療など一般歯科をはじめ、義歯治療やインプラント治療に定評があり、「同じ歯を2度治療することのないよう、常に適切かつ正確な治療を心がけています」と話す。
 得意とする根管治療は、オピアンキャリアメソッド・JHエンドシステムという垂直加圧法の治療法を採用。従来の側方加圧法では根管の内側の壁と根管充填剤との密着度が悪いため、隙間から細菌が入り再感染の可能性も高かった。しかし垂直加圧法では根管を緊密に封鎖することが可能となり、再感染の心配もないと好評だ。
 また木村院長は、「リンゴを丸かじりできる総入れ歯」とも呼ばれている義歯治療「ドクター・カワラダ・デンチャー・システム」の認定医としても知られる。同システムは、患者一人一人の口腔内に合わせた緻密な調整を何段階も重ねることで、誰もが満足できる義歯の実現を可能とする。その特徴は、治療用義歯を作製し、その裏側に粘膜調整剤を塗って、患者が実際に使用しながら口腔内の粘膜の形状や噛み合わせなどの細かい調整を特殊技術と精密機器を駆使して正確に型取りを行うというもの。その段階でしっかりと噛むことができる状態を作ってから完成義歯を作製するため、完成後、無調整ですぐに使用が可能となる。
 さらにインプラント治療にも対応し、20年以上のキャリアを持つ。世界トップクラスのシェアを誇り、信頼度の高いスイスのストローマン社の純チタン製インプラントを採用し、治療成績も良いという。
「患者さんに『何でも食べられるようになりました。ありがとうございます』と笑顔で帰っていただけるのが喜びです」と木村院長。「歯のことなら何でも気軽にご相談ください」と話す。
■院長/木村 貞久
1986年北海道大学歯学部卒業。武藤歯科診療室(釧路)院長、新札幌歯科診療室院長を経て、95年開院。日本顎咬合学会会員。Dr.カワラダ・デンチャー・システム認定医

Google Maps のマーカーは、高解像度地図で多少のズレが生じる場合があります。
あくまで目安としてご利用下さい。実際の位置は直接施設へご確認願います。


Googleマップ